ようこそ!

ようこそ、藤木大地の大冒険へ。 

出演、企画、取材、執筆など、お仕事のお問い合わせは、

所属事務所"AMATI"までお願いいたします。

お問い合わせはこちらへ(担当マネジャー:岡部雅弥)


Welcome to Official Blog of Vienna based Japanese countertenor Daichi Fujiki !

For further information, please contact 

AMATI Inc. in Tokyo (Manager: Mr. Masaya Okabe)

 Map in Vienna (Manager: Ms. Maria Gabriella Mafara)

 PhilGrenArt' in Paris (Manager: Mr. Philippe Greneche)


公演のご感想など、藤木大地へのメールはコチラまで。

オフィシャル Facebook → Daichi Fujiki - official Facebook

2015年の出演予定。

【2015年】

1月  3日(土)19:00   NHKホール(東京)/NHK Eテレ/FM(生放送)詳細
1月  8日(木)10:25   NHK Eテレ 詳細
1月17日(土)時間? 宮崎市(宮崎/クローズド)
1月20日(火) 6:20 NHK Eテレ 詳細
1月23日(金)15:15 よみうり大手町ホール(東京)詳細
1月25日(日) 4:20 NHK 総合 詳細

3月13日(金)19:00 ウィーン 詳細

4月17日(金)20:00 カフェ・モンタージュ(京都)詳細
4月23日(木)  12:15 トッパンホール(東京)詳細

5月 2日(土)16:00 東京国際フォーラム(東京)詳細

6月14日(日)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)
6月18日(木)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)
6月21日(日)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)
6月24日(水)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)
6月27日(土)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)

7月  9日(木)時間?  有水小学校(宮崎県都城市)
7月11日(土)時間?  広島大学附属福山中高校(広島県)
7月12日(日)14:30 アクティブライフ井原(岡山県井原市)
7月13日(月)朝/昼 南小学校/緑丘小学校(広島県)
7月18日(土)時間? 蘭島閣ギャラリー(広島県呉市) 詳細
7月20日(月)18:00 東京藝術大学奏楽堂(東京)
7月23日(木)11:30 フィリアホール(神奈川)詳細

9月15日(火)19:00 東京オペラシティ(東京)詳細

10月  3日(土)15:00 三原市芸術文化センターポポロ(広島県三原市)詳細
10月12日(月)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)
10月16日(金)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)
10月18日(日)   ウィーン国立歌劇場(代役待機)
10月26日(月)13:30 王子ホール(東京)詳細

11月  1日(日)時間? 東京都(クローズド)
11月  6日(金)時間? ザ・シンフォニーホール(大阪)詳細
11月  7日(土)17:00 青山音楽記念館バロックザール(京都)
11月12日(木)19:00 王子ホール(東京)詳細
11月28日(土)時間? いずみホール(大阪)詳細

出演予定は変更の可能性もあります。
出演のご依頼の参考にしていただく場合は、詳細をお問い合わせください。
内容、リンクは情報がオープンになり次第ご案内しています。
(2015年3月現在)
動画サイトに掲載された演奏映像/音源へのリンクです。Enjoy!

増田真結:「ひとでなしの恋」より 再生リスト
(2014年12月 京都でのスタジオ録音)

ヘンデル:「オンブラ・マイ・フ」(オーケストラ版)聴く
J.シュトラウス:オルロフスキーのアリア(喜歌劇「こうもり」より)聴く
山田耕筰:「ペチカ」聴く
(2014年1月 石川でのライブ録音)

ハウエルズ:「ダヴィデ王」観る
ヴォーン=ウィリアムズ:「静かな真昼」観る
R.シュトラウス:「万霊節」観る
R.シュトラウス:「献呈」観る
パーセル/ブリテン:「ばらよりも甘く」観る
(2013年4月 福岡でのライブ録音)

山田耕筰:「この道」聴く
橋本國彦:「お菓子と娘」聴く
高田三郎:「くちなし」聴く
木下牧子:「夢みたものは」聴く
ヘンデル:「オンブラ・マイ・フ」("セルセ"より)   聴く
(2013年9月 東京でのライブ録音)

バッティステッリ:「イタリア式離婚狂想曲」より 聴く
(2013年6月 ボローニャ歌劇場)

マーラー:「私はこの世に捨てられて」("リュッケルト歌曲集"より) 聴く
R.シュトラウス:「献呈」 聴く
(2013年3月 東京でのライブ録音)

ハーフハーフ。

昼と夜がハーフハーフであった。緯度のこともあるだろう、厳密にそうでないとしても、きょうを境に、夏至にむけて昼のほうが長くなっていくという感覚はある。ウィーンは春だ。まっさかりでないにしても、十分春だ。カフェが路上に席を出し始めた。人々は道の上でお茶をしはじめた。

わたくしは部屋の中でドイツ語の歌詞を味わっている。ベートーヴェンが、マーラーが、この街で曲をつけた言葉の数々を、1小節ごとに味わいながら、つまり何度も歌いながら、カラダの中に入れている。彼らが曲をつけるほど影響を受けた詩に、彼らがのせたメロディーをあて、何度も食べて消化をする。本番よりも、リハーサルよりも、好きな作業かもしれない。もちろん人前に出さなければ、この時点ではまったく"食えない"フェーズではあるけれど。

ぼくのリサイタルのプログラミングは、大いにヴンダリッヒに影響されている。伝説のテノール。テノール歌手を目指し、テノール歌手として生きた15年間。いつかヴンダリッヒのように歌いたいと思って聴いていた曲たちを、最近無意識に選んでいるようだ。久々に彼の録音を聴いてそう思った。

ドイツ語の歌を時間をかけて勉強していて、自分がドイツ語が話せない歌手であったらどうだったであろうか、と考える。それならば日本人は日本語の歌であればうまく歌えるのか、という論点になり得るので、結論は自分の中においておこう。

経営学にマーケティング・ミックスという概念があり、その要素として"4つのP"がある。プロダクト、プライス、プレイス(ディストリビューション)、プロモーション(コミュニケーション)。特に文化マーケティングにおいて重要なことは、チームがミッションとゴールを明確にして全体で共有し、4つのPを相互作用させることである。

いずれにせよ、ずっと変わらないものなんてほとんど存在せず、ひとは様々な変化に対応して生きていかなければならない。そのような思いを新たにしたハーフハーフの日でもあった。

わたくしも意外といろんなことをいっぺんに考えながら暮らしているのです。
36歳で天に召されたヴンダリッヒの歌の輝きは永遠だけれど。

お甲斐りなさい。

ちょっと前、ひな祭りの頃、ウィーンで甲斐栄次郎さんに再会した。ウィーン国立歌劇場での出演を客席で見守り、その度に楽屋にも顔を出し、あるときは出演中のパブリックビューイング(寒空)を彼のホームビデオで録画する係りを頼まれ、またあるときは動物園にも一緒に遊びに行ったりした、同じ時間、同じ時代を過ごした頃のままに、穏やかに話すことができた。ちょうどその日ぼくはそのオペラ座でコーチングがあったので、一緒に楽屋口をくぐった。その劇場に10年も居た彼とすれ違うひとたちは、守衛さんも、歌手も、スタッフも、みんなフレンドリーにエイジロウに挨拶をしていた。甲斐栄次郎というオペラ歌手がウィーンで愛されていた証拠だと思って誇らしかった。

数日前、平野和さんがフィガロ役で主演した「フィガロの結婚」をフォルクスオーパーで観た。彼がフォルクスオーパーで歌い始めた頃にぼくもウィーンに留学した。それから彼の演じるいろいろな役をみてきたけれど、ウィーンのフォルクスオーパーが、ウィーンの作曲家といえるモーツァルトのオペラの新制作の主役を、しかもドイツ語での上演を、日本人の彼に任せた重みと、彼が劇場から得てきたそれほどの信頼が、どれだけ日本に伝わっているだろうか。カーテンコールで一番最後に出てきて喝采を受けたヤスシ君の姿をまた誇らしくみながら、そんなことを考えていた。

ヨーロッパでオペラ歌手になりたいと夢みはじめた10年以上前、旅行や短期留学でヨーロッパに来ては、オペラハウスの立ち見席に通った。海外でオペラ歌手として働くということがどういうことかを最初に教えてくれたのは、新国立劇場でのデビューのときに共演した中嶋彰子さんだったし、イタリアでは、中島康晴さんの出演を追いかけた。これまでに一度だけ訪れたニューヨークでは本当に偶然に、まだ知り合っていなかった森谷真理さんのデビューも観た。日本人がソリストとして舞台に立っている姿をみて、いつか自分も、と思っていたのだった。世界で歌う日本人になりたかった。

10年くらい経って、ぼくがボローニャ歌劇場で歌っていた時、公演後に楽屋口で待っていてくれた日本人のひとたちが何人もいた。日本人として誇りに思う、と言ってくれた同業者の人もいた。その頃には、自分がその姿を目指したように、どこかで観ているかもしれない、あとに続くひとたちにも何かを残す舞台姿でなければいけないな、と心のどこかでは思うようになっていた。海外でも、日本でもね。

そろそろ、今までの経験を伝えたり、教えたりする役割も少しずつ果たさないといけないな、と考えているのです。声楽をはじめてからずっと長い間、音楽は教わるものだった。自分の中に、だれかの将来のために役に立ちそうなものが貯まってきたかな、と最近ようやく思うようになりました。

高校生のころに声楽を教わっていた西義一先生が、「自分はこのメソッドにたどり着くのにずいぶん時間もかかったけれど、たどりついたその方法をすぐにきみに教えることにやぶさかではない」とおっしゃっていたのをよく覚えている。そのときはわかったようでわかってなかったけれど、いまならわかるかな。人生の事情はひとそれぞれにあって、すごく才能があったりすごくやる気があっても、挑戦できる時間は限られているから。その西先生が、年始のTV放送を観て、送ってくださったメールも嬉しかった。

生徒や後輩のために存在する先生や先輩になりたいものです。
トッパンホールでのランチタイムコンサートの予約が開始されました。ハガキでの申込みですが、入場無料です。コチラから詳細をご確認の上、ぜひご応募ください。締め切りは4月2日です。

トッパンホールへは2012年以来の登場になります。といっても、そのときはホールの主催コンサートではなくて、日本音楽コンクールの第1、第2予選の会場でした。舞台用の黒服で街を歩くにはまだ暑い日でした。なに歌ったんだっけな。あー思い出した。1次はモーツァルトとヴォーン=ウィリアムズ、2次はヴォーン=ウィリアムズとドビュッシー。新しい道を作ろうともがいていた懐かしいあの日々を思い出すと、3年経って主催公演に呼んでもらえるようになってよかったなぁ、としみじみします。感謝。今でも毎日もがいてるけれど。

入魂のオール・ウィーン・プログラム。東京の真ん中(飯田橋)で愛をさけびます。
ピアノはおなじみ松本和将さん。言わずと知れた、一番古い音楽仲間ですが、東京のホールでは久しぶりの共演です。年月を経たわたくしたちの組み合わせにもご期待ください。お待ちしています。


「ウィーンからのラヴレター」

 

・ひそやかな誘い Op.27-3R.シュトラウス 1894

Heimliche Aufforderung (R.Strauss)

 

・永遠の愛について Op.43-1(ブラームス 1864) 

Von Ewiger Liebe (J.Brahms)

 

・美しいトランペットが鳴り響くところ「子どもの不思議な角笛」(マーラー 1898

Wo die schönen Trompeten blasen (G.Mahler)

 

・連作歌曲集「遥かなる恋人に」Op.98(ベートーヴェン 1816

An die ferne Geliebte (L.v.Beethoven)

 

藤木大地(カウンターテナー)

松本和将(ピアノ)


4月23日(木)  12:15 トッパンホール(東京)詳細 

カフェ・モンタージュ。

モンタージュ。
聞いたことがあるけれど意味がちゃんとはわからない言葉のうちのひとつである。わたくしは知っている。「組み立て」だ。20代、オペラ座の裏方の仕事をしていたとき、舞台セットの組み立てプロセスがモンタージュと呼ばれていたからだ。いばってません。

12月の京都モノオペラで大変助けてもらい、「すぐメールしますから!」と抱き合って極寒の烏丸通で感動のお別れをしたピアニストの中村圭介さんが、2月にようやくメールをくれた。京都でリサイタルをしませんか、フジキとまた演奏をしたいから、という内容だった。おれの心に火がついた。関西はこれまでほとんど縁がなく、オーケストラやホールから呼んでもらえないとなかなか演奏にいく機会がない。ないのなら作ってみようほととぎすだ。おれの心に火がついたのだ。おれだって、おれと演奏したいと言ってくれるひとと演りたいのだ。気持ちがよいのだ。

早速、(中村さんにまためちゃくちゃ助けてもらって)、
11月7日に青山記念音楽館バロックザールでリサイタルをすることにした。下線をひいた。8年ぶりの自主企画、つまり自分が主催者である。赤字が出たらかぶるのである。
(公財)青山財団助成公演としての申請をさせていただいた。また下線をひいた。200席。関西にまだまだ馴染みのうすいわたくしの歌を聴きにきてくださる方々がどれほどいらっしゃるのか。

縁がないなら作ろうじゃないか。(中村さんがいろいろ教えてくれて)、われわれの船は"京都の街中の小さな劇場"カフェ・モンタージュにたどり着いた。そして、まだお会いしたことのないオーナーの高田伸也さんとのメールでのやりとりを経て、かの地でもリサイタルをさせていただけることになった。

カフェ・モンタージュへの初登場、本日より予約開始となりました。プログラムはマーラーとベートーヴェン。
40席限定です。お早めにコチラよりご予約ください。

先週のウィーンでの実験的演奏会しかり、京都での企画もしかり、自分であれこれ考えながら気を遣いながらやってみると、普段いかにまわりのみなさんにサポートしていただいているかを実感するのである。わたくしはいつでも調子にのれるから、この気づきは必要であった。あんまり成長してないことにも気づいたけど。

ご縁を組み立てよう。ないものは作ってみよう。

おれの心に火をつけた中村さんありがとう。
わたくしに歌わせてくださる高田さんありがとう。
そうだまた京都いくぜ。

4月17日(金)20:00 カフェ・モンタージュ(京都)詳細

実験的演奏会。

ゆうべウィーンで実験的演奏会をしました。
ソプラノの森谷真理さんと。彼女との縁でダブリンやアイルランドで何度も演奏させてもらったけど、そういえばそれ以外の地で共演したことはほとんどなかった。とりあえず、デュエットを何曲も本番でやってみて、録音、録画してみよう、と。なんならソロの曲もまだ人前に出してないやつをやってみよう、と真理ちゃんと企画。ホールを借りて、ピアニストをお願いして、録音技師をお願いして、リハスケジュールを決めて、集客するのかしないのか、最後まで相談して。ふだんの出演ではまわりの皆さんのサポートで演奏に集中させていただいているわたくしにとっては、改めて多くのひとに感謝をする機会となりました。結局ほぼ非公開でやったけれど、当日のサポートを、ウィーンで仲良くしてもらっている後輩たちが連携プレーで完璧に手伝ってくれて、とても助かった。ありがとう。
ピアノは日生劇場の「リア」でプロンプターをやっていた指揮者の中村瑛くん。映像ができあがってきたら、またご紹介します。今日はプログラムのみごらんください。
ソプラノとカウンターテナーのオペラ・デュオコンサート、ご興味のあるご主催者の皆様はぜひご連絡くださいね。日本でもやりましょうよ。

Mari Moriya (Soprano) & Daichi Fujiki (Countertenor)

"Experimental Duo Concert"

on Friday 13th March, 19:00

at Johans Klaviersalon (Paniglgasse 5, 1040 Wien)

Soprano: Mari Moriya
Countertenor: Daichi Fujiki
Piano: Akira Nakamura

Program

-V'adoro pupille "Giulio Cesare" Händel   (Moriya)
-Pompe vane di morte 〜 Dove sei, amato bene? "Rodelinda" Händel   (Fujiki)

-Welcher Wechsel herrscht in meiner Seele "Die Entführung aus dem Serail" Mozart  (Moriya)
-Come ti piace imponi "La clemenza di Tito"  Mozart (Fujiki, Moriya)

-Giorno d'orrore "Semiramide" Rossini  (Fujiki, Moriya)
-Ah! quel giorno ognor rammento  "Semiramide" Rossini (Fujiki)
-Bel raggio lusinghier "Semiramide"  Rossini (Moriya)

-Dawn, still darkness "Flight" Jonathan Dove (Fujiki)
-Heimliche Aufforderung R.Strauss (Fujiki)

-Belle nuit ô nuit d'amour  "Les contes d'Hoffmann" Offenbach  (Moriya, Fujiki)
-Abends will ich schlafen gehen  "Hänsel und Gretel"   Humperdinck (Moriya, Fujiki)

晴れてる。

天気があればー、なんでもできるー、いーち、にー、さーん、という気分である。

マタイ受難曲(全部で3時間)を1日に2回聴きながら机に向かい、それ以外の時間はウィーンで暮らした作曲家の楽譜に向かい、1日に2回か3回キッチンにも向かい、あと何に向かってるかな、わからん。未来の話をするのはたのしい。おそれや不安もあるけれど。

というかんじで何回めかのウィーンの3月を迎えます。

ベートーヴェンの歌は、ベートーヴェンの住んでいた家にいって、ベートーヴェンの愛した風景の中を散歩して、わかることが沢山ある。オペレッタの「こうもり」は、フォルクスオーパーでお客さんがゲラゲラ笑っているのをみて、わかることが沢山ある。歴史上の人物や偉大な作品がようやく等身大で感じられるようになったような気がする。歌詞を、役を、演じることにバカの壁がなくなった気がする。一生の財産である。

春だぜ。


ヘンデル「オンブラ・マイ・フ」(オーケストラ版)聴く

リュートは長いぜ。

23Jan15lute.jpg
1月23日、よみうり大手町ホールでのリサイタル。できてまだ1年も経っていない新しいホール。素晴らしかった。当日にホール、あるいは会場に入ったとき、ステージリハではほとんど声を使わないで本番にとっておくぼくが、リハで特にチェックするのは一点。自分が持っている声の中の、どこまでのピアニッシモが使えるか、ということだ。広さや響きによっては、最弱音が一番遠い席まで走らないこともある。その意味で、ピカピカのよみうり大手町ホールはフジキにたいへんフレンドリーなホールでありました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

この公演のご主催はホールでなく、NPO法人の"緑の街ミュージックフレンズ"のみなさんでした。Non Profit Organization(NPO)、経営学で習った。コンサートはすごく手作りで、あたたかった。土井悦子さんをはじめとするみなさんに感謝。今年は岡山や広島などでの公演でも、緑の街ミュージックフレンズのご主催で、高本一郎さんとのデュオでお世話になります。高本さんとの演奏は、予定調和でなくていつも音楽してる(musizieren)から面白い。

23Jan15trio.jpg
ギター大萩康司さんもテナー望月哲也さんもバリトン寺田功治さんも、宮崎の後輩のスズキたちも客席に応援にきてくれた。これもまた、ミュージックフレンズ。長くないリュートもあります。

いろいろなコンサートが終わりました。全部プログラムが違った。共演者も。ご主催者にも、お客さんにも、共演者にも、楽曲にも恵まれて、よい時間が過ごせました。さて、ウィーンに行ってきます。あ、ウィーンに帰る、とはあまり思わないな、今回は。新鮮な発見。おれ日本人。

あ、ブログ上方に新しい音源が追加されています。よろしければお聞きください。

J.シュトラウス:オルロフスキーのアリア(喜歌劇「こうもり」より)聴く
山田耕筰:「ペチカ」聴く
(2014年1月 石川でのライブ録音)

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アイテム

  • 23Jan15trio.jpg
  • 23Jan15lute.jpg
  • 17Jan15teachers.jpg
  • 17Jan15arikawa.jpg
  • 17Jan15makimoto.jpg
  • 3Jan15kan1.jpg
  • 3Jan15BCJ.jpg
  • 20Dec14oiri.jpg
  • 10Dec14yoshio.jpg
  • map.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。