2011年4月アーカイブ

生命のチカラ。

26.04.11.shiso.jpg

 

最近、しそそだてるんだ。

 

しそそそそそそそだててるんだ。

 

ヨーグルトのカップで。

 

窓辺で。

 

のびろ。

 

にょきにょきのびろ。

 

世界の家窓から。

ブオナパスクア。

15.04.11.pasqua.jpg

 

よい復活祭を!

人生ってふじき。

22.04.11.rec.jpg

 

録音してきました。

 

22.04.11.marco.jpg

 

ピアニストはイタリア人指揮者のマルコ。

 

このチビじゃないマルコは、「天使の歌声」ウィーン少年合唱団、

 

ナポリ・サンカルロ歌劇場、ウィーン国立歌劇場などの

 

指揮者を歴任してきたのだけれど、

 

ツアーで何度も日本に来たことがあります。

 

そういえば1年くらい前にマルコにはじめて出会ったとき、

 

「日本のどこ出身?」

 

ときかれたので、

 

「南のほう。」

 

といつものように答えたのだけど、

 

「俺ウィーン少年合唱団と日本中ツアーしたから地名わかる、どこだ??」

 

とさらに言われたので、

 

「ミヤザキ。」

 

と言ってみたわけです。

 

そしたら、

 

「あー、行った行った、確か94年とか95年かなー」

 

と言うわけです。

 

ぼく、多分その天使の歌声のコンサート聴きにいってるんだよね。

 

アイザックスターンホールに。

 

で、当時は舞台(指揮台)と客席だったけど、

 

今日は一緒にレコーディングしたわけです。

 

人生ってふじきだよねー。

 

22.04.11.mado.jpg

 

世界のスタジオ窓から。

 

この緑!

キョセンの。

15.04.11.winnie.jpg

ほしい!

 

たたたたーた!

おはようジャパン。

09.04.11.mozart.jpg

 

ってモーツァルト君が言ってた。

世界のトイレから。

12.04.11.men.jpg

 

草食男子用。

 

12.04.11.women.jpg

 

草食女子用。

 

12.04.11.mado.jpg

 

世界のそのトイレ窓から。

 

外にいたおじさんと目が合いました。

世界の世田谷から。

09.04.11.setagaya.jpg

 

世田谷公園。

 

09.04.11.setagaya0.jpg

 

ウィーンの。

 

09.04.11.park.jpg

 

内部。

 

世界のジャパンから。

日本の桜と友。

11.04.11.holy.jpg

 

いとノスタルジー。

ヤーパンのためのうた。

12.04.11.cdya.jpg

 

打ち合わせで訪れた、オーストリア・アイゼンシュタットのCD屋から。

 

12.04.11.japan.jpg

 

親切なお店のおじさんが、

 

「この小さい街でもすっげー売れてるよ」と言っていました。

 

CDを買ったらポスターもくれたので部屋に貼りました。

 

ジョン・レノンの「イマジン」ではじまるこのCDの収益は、

 

全額日本赤十字社に送られるそうです。

 

Itunesでも買えます。

 

ジャパンはドイツ語でヤーパンといいます。

 

去年は宮崎で「太陽のメロディー」のCDを買ったのを思い出しました。

 

音楽を通じて苦しんでいるひとたちをみんなで支援できるひとつの方法。

 

それは本当にすばらしいことだけど、

 

多くのひとが苦しむそういう出来事はもうないといいな、とも思います。

 

がんばろうヤーパン。

24時間たたかえますか。

08.04.11.ton.jpg

 

今月下旬に予定している、録音の打ち合わせをしてきました。

 

久々にこういう機械だらけの部屋にお邪魔して、

 

小学校のとき、ちょっとだけ校内放送を担当していたことを思い出しました。

 

朝と、お昼と、下校の放送。

 

昼の給食の放送のときに流す曲が毎日1曲だけあって、

 

どこかからカセットを借りてきた「リゲイン」のテーマ曲を流したりしました。

 

「北京、モスクワ、パリ、ニューヨーク・・・

 

カイロ、ロンドン、イスタンブール・・・」

 

ジャパニーズビジネスマンがリゲイン飲んで飛び回る世界の都市の数々。

 

当時はどこにあるのかもわからなかったけど、

 

その後、そのうちのいくつかは訪れることができました。

 

朝の放送は確かヴィヴァルディで、

 

下校の放送はドヴォルジャークの「新世界」でした。

 

あのちょっと埃っぽい、外界から遮断された空間がけっこう好きだったな。

 

自分の声が、スピーカーを通して全校に流れるのにも興奮した。

 

毎回放送中に窓の外から笑わせようとするやつがいて、

 

笑わないようにするのが大変だった。

 

1日ずつでいいから、小学校、中学校、高校、大学の1日に戻ってみたい。

 

むりだけど。

ブルースカイ。

09.04.11.sky.jpg

 

青い空とはきっとこういうことだ。

 

地球はまるいし、世界は空でつながっている。

都会の森。

07.04.11.nira.jpg

都会に慣れて、

 

便利に慣れて、

 

でも、ちょっとその便利さから意図的に離れてみて、

 

やっとみえてくるものがある。

 

思い出す感覚がある。

 

森に連れていってもらった。

 

足を泥だらけにしながら歩き、木切れを川に放り投げてみる。

 

倒木に腰掛けて、息を深く吸ってみる。

 

世界は狭くなったし、便利になった。

 

もしかしたら、

 

300年前に作られた音楽を演奏するのに、その便利さは必要ないのかもしれない。

 

この緑色はニラです。

 

袋いっぱいに摘んで持って帰って、家で料理して食べます。

 

ニラニラ炒め、無料。

 

07.04.11.hana.jpg 

世界の野っぱらから。

 

首都ののどかさ。

 

音楽の都では、ニラニラ炒めがタダでゲットできるみたい。

 

やっぱり肉も入れよう。 

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。