2012年10月アーカイブ

ありがとう。

こんばんは。


昨今のメディア+ITの情報伝達のはやさは驚くばかりで、


10月24日の21時くらいから、フジキかつてない量のお祝いのお言葉を、


ぼくの持つあらゆる連絡先にいただいています。


あの夜の東京オペラシティでのぼくの演奏は、


そしてその演奏に対していただいたとても大きな結果は、


おそらくぼくのこれからの音楽活動において、


たしかに大きなターニングポイントとなるのかもしれません。


しかしながら、


ぼくという人間がこの世に生まれ、


いまこうして健康に暮らし、


歌をうたって生きていられるのは、


歌える喉と音楽を勉強する環境をくれた両親と、


音楽を教えてくれた先生方や先輩方、


青春時代をともに過ごし、いまもずっと応援してくれている仲間たち、


音楽というフィールドでともに磨き合う同僚たち、


ぼくのやりたいことをサポートし、応援してくださる社会のみなさま、


そして、家族。


そういった、


ぼくがうまくいっているときも、あまりそうでないときも、


ぼくという人間、音楽家を信じて、


心の支えとなってくれた沢山のひとたちのおかげなんだな、


ということを、


今回の結果を自分自身よりむしろ、


そんなまわりにいてくれる沢山のひとたちが


心から喜び、祝福してくれていることから、


改めて感じられたことが大きな出来事です。


ぼくが歌うことで生じた、なにか大きなことを、


こんなに沢山のひとがこんなに喜んでくれたことが、一番うれしかった。


これからも音楽にまっすぐに向き合い、


ぼくに与えられた声で、世の中に届けていきたいと思います。


「日本音楽コンクール優勝」


藤木大地に与えられたものではなく、


藤木大地を創ったみんなに与えられました。


24Oct12friends.jpg

(15年以上応援してくれている高校の同級生たちと、その夜に。)


心からの感謝をこめて。



アイルランドにイルランド。

きのうは首都ダブリンでの最初のリサイタル。


today11oct.jpg


recital10oct12.jpg

hito9oct12.jpg

会場の教会のなかにこのひとがいて、リハのときいつも目があいました。


anns8oct12.jpg


川のある街はすきです。


river9oct12.jpg

guiness10oct12.jpg


アイルランドのラジオにも出ました。


おれの英語が電波にのるなんてテリブルだったわ。


今日はこれからブレシントンという街で2回目のリサイタル。


marys12oct12.jpg

ここでも教会が会場で、控え室が寒いので、


近くのパブでネットしながら公演まで待機してます。


開演まであと1時間。


チケットは結構売れているようで、うれしいです。


きのうからこんな家に泊めてもらってます。


dalzell11oct12.jpg

ぼくの人生の中で、


こんな経験を沢山させていただいていることに感謝の日々だ。


アイルランドは愛だと思う。


みんな話が好きだ。


john10oct12.jpg

一番話し好きなのは、ダブリンのホストファミリーのジョンだ。


公演前に声を使わないようにするのが大変だ。


こんやのリサイタル終わったらあしたからロンドンです。


愛の国でリラックスして愛をうたってきます。


先日日本のラジオ聴いてくださった方々ありがとうございました。


いただいたメールちゃんと読んでます。


toilet9oct12.jpg

世界のトイレから。


一年ぶりくらいか?


じゃ、うたってきますので。

NHKラジオに流れます。

10/10(水)あさ7:20からNHK-FMでぼくの歌が2曲流れます。


日本全国どこからでもラジオで聴けるとおもいますので、ぜひ。


ああ、ぼくはその日はダブリンにいるので自分の演奏なのに聴けないけれど!


ひとに聴いてもらうために歌ってるんだからいいんだけどさ。


NHKネットクラブ


「オルフェウスはたて琴で」    ヴォーン・ウィリアムズ作曲
                       (2分49秒)
      (カウンターテナー)藤木大地 (ピアノ)河野紘子
「ロマンス」                ドビュッシー作曲
                       (1分54秒)
      (カウンターテナー)藤木大地 (ピアノ)河野紘子

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。