晴れてる。

天気があればー、なんでもできるー、いーち、にー、さーん、という気分である。

マタイ受難曲(全部で3時間)を1日に2回聴きながら机に向かい、それ以外の時間はウィーンで暮らした作曲家の楽譜に向かい、1日に2回か3回キッチンにも向かい、あと何に向かってるかな、わからん。未来の話をするのはたのしい。おそれや不安もあるけれど。

というかんじで何回めかのウィーンの3月を迎えます。

ベートーヴェンの歌は、ベートーヴェンの住んでいた家にいって、ベートーヴェンの愛した風景の中を散歩して、わかることが沢山ある。オペレッタの「こうもり」は、フォルクスオーパーでお客さんがゲラゲラ笑っているのをみて、わかることが沢山ある。歴史上の人物や偉大な作品がようやく等身大で感じられるようになったような気がする。歌詞を、役を、演じることにバカの壁がなくなった気がする。一生の財産である。

春だぜ。


ヘンデル「オンブラ・マイ・フ」(オーケストラ版)聴く

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、Daichiが2015年2月27日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リュートは長いぜ。」です。

次のブログ記事は「実験的演奏会。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。