【予約開始/入場無料】4.23@トッパンホール。

トッパンホールでのランチタイムコンサートの予約が開始されました。ハガキでの申込みですが、入場無料です。コチラから詳細をご確認の上、ぜひご応募ください。締め切りは4月2日です。

トッパンホールへは2012年以来の登場になります。といっても、そのときはホールの主催コンサートではなくて、日本音楽コンクールの第1、第2予選の会場でした。舞台用の黒服で街を歩くにはまだ暑い日でした。なに歌ったんだっけな。あー思い出した。1次はモーツァルトとヴォーン=ウィリアムズ、2次はヴォーン=ウィリアムズとドビュッシー。新しい道を作ろうともがいていた懐かしいあの日々を思い出すと、3年経って主催公演に呼んでもらえるようになってよかったなぁ、としみじみします。感謝。今でも毎日もがいてるけれど。

入魂のオール・ウィーン・プログラム。東京の真ん中(飯田橋)で愛をさけびます。
ピアノはおなじみ松本和将さん。言わずと知れた、一番古い音楽仲間ですが、東京のホールでは久しぶりの共演です。年月を経たわたくしたちの組み合わせにもご期待ください。お待ちしています。


「ウィーンからのラヴレター」

 

・ひそやかな誘い Op.27-3R.シュトラウス 1894

Heimliche Aufforderung (R.Strauss)

 

・永遠の愛について Op.43-1(ブラームス 1864) 

Von Ewiger Liebe (J.Brahms)

 

・美しいトランペットが鳴り響くところ「子どもの不思議な角笛」(マーラー 1898

Wo die schönen Trompeten blasen (G.Mahler)

 

・連作歌曲集「遥かなる恋人に」Op.98(ベートーヴェン 1816

An die ferne Geliebte (L.v.Beethoven)

 

藤木大地(カウンターテナー)

松本和将(ピアノ)


4月23日(木)  12:15 トッパンホール(東京)詳細 

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、Daichiが2015年3月20日 06:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カフェ・モンタージュ。」です。

次のブログ記事は「お甲斐りなさい。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。