お甲斐りなさい。

ちょっと前、ひな祭りの頃、ウィーンで甲斐栄次郎さんに再会した。ウィーン国立歌劇場での出演を客席で見守り、その度に楽屋にも顔を出し、あるときは出演中のパブリックビューイング(寒空)を彼のホームビデオで録画する係りを頼まれ、またあるときは動物園にも一緒に遊びに行ったりした、同じ時間、同じ時代を過ごした頃のままに、穏やかに話すことができた。ちょうどその日ぼくはそのオペラ座でコーチングがあったので、一緒に楽屋口をくぐった。その劇場に10年も居た彼とすれ違うひとたちは、守衛さんも、歌手も、スタッフも、みんなフレンドリーにエイジロウに挨拶をしていた。甲斐栄次郎というオペラ歌手がウィーンで愛されていた証拠だと思って誇らしかった。

数日前、平野和さんがフィガロ役で主演した「フィガロの結婚」をフォルクスオーパーで観た。彼がフォルクスオーパーで歌い始めた頃にぼくもウィーンに留学した。それから彼の演じるいろいろな役をみてきたけれど、ウィーンのフォルクスオーパーが、ウィーンの作曲家といえるモーツァルトのオペラの新制作の主役を、しかもドイツ語での上演を、日本人の彼に任せた重みと、彼が劇場から得てきたそれほどの信頼が、どれだけ日本に伝わっているだろうか。カーテンコールで一番最後に出てきて喝采を受けたヤスシ君の姿をまた誇らしくみながら、そんなことを考えていた。

ヨーロッパでオペラ歌手になりたいと夢みはじめた10年以上前、旅行や短期留学でヨーロッパに来ては、オペラハウスの立ち見席に通った。海外でオペラ歌手として働くということがどういうことかを最初に教えてくれたのは、新国立劇場でのデビューのときに共演した中嶋彰子さんだったし、イタリアでは、中島康晴さんの出演を追いかけた。これまでに一度だけ訪れたニューヨークでは本当に偶然に、まだ知り合っていなかった森谷真理さんのデビューも観た。日本人がソリストとして舞台に立っている姿をみて、いつか自分も、と思っていたのだった。世界で歌う日本人になりたかった。

10年くらい経って、ぼくがボローニャ歌劇場で歌っていた時、公演後に楽屋口で待っていてくれた日本人のひとたちが何人もいた。日本人として誇りに思う、と言ってくれた同業者の人もいた。その頃には、自分がその姿を目指したように、どこかで観ているかもしれない、あとに続くひとたちにも何かを残す舞台姿でなければいけないな、と心のどこかでは思うようになっていた。海外でも、日本でもね。

そろそろ、今までの経験を伝えたり、教えたりする役割も少しずつ果たさないといけないな、と考えているのです。声楽をはじめてからずっと長い間、音楽は教わるものだった。自分の中に、だれかの将来のために役に立ちそうなものが貯まってきたかな、と最近ようやく思うようになりました。

高校生のころに声楽を教わっていた西義一先生が、「自分はこのメソッドにたどり着くのにずいぶん時間もかかったけれど、たどりついたその方法をすぐにきみに教えることにやぶさかではない」とおっしゃっていたのをよく覚えている。そのときはわかったようでわかってなかったけれど、いまならわかるかな。人生の事情はひとそれぞれにあって、すごく才能があったりすごくやる気があっても、挑戦できる時間は限られているから。その西先生が、年始のTV放送を観て、送ってくださったメールも嬉しかった。

生徒や後輩のために存在する先生や先輩になりたいものです。

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、Daichiが2015年3月21日 07:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【予約開始/入場無料】4.23@トッパンホール。」です。

次のブログ記事は「ハーフハーフ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。