ハーフハーフ。

昼と夜がハーフハーフであった。緯度のこともあるだろう、厳密にそうでないとしても、きょうを境に、夏至にむけて昼のほうが長くなっていくという感覚はある。ウィーンは春だ。まっさかりでないにしても、十分春だ。カフェが路上に席を出し始めた。人々は道の上でお茶をしはじめた。

わたくしは部屋の中でドイツ語の歌詞を味わっている。ベートーヴェンが、マーラーが、この街で曲をつけた言葉の数々を、1小節ごとに味わいながら、つまり何度も歌いながら、カラダの中に入れている。彼らが曲をつけるほど影響を受けた詩に、彼らがのせたメロディーをあて、何度も食べて消化をする。本番よりも、リハーサルよりも、好きな作業かもしれない。もちろん人前に出さなければ、この時点ではまったく"食えない"フェーズではあるけれど。

ぼくのリサイタルのプログラミングは、大いにヴンダリッヒに影響されている。伝説のテノール。テノール歌手を目指し、テノール歌手として生きた15年間。いつかヴンダリッヒのように歌いたいと思って聴いていた曲たちを、最近無意識に選んでいるようだ。久々に彼の録音を聴いてそう思った。

ドイツ語の歌を時間をかけて勉強していて、自分がドイツ語が話せない歌手であったらどうだったであろうか、と考える。それならば日本人は日本語の歌であればうまく歌えるのか、という論点になり得るので、結論は自分の中においておこう。

経営学にマーケティング・ミックスという概念があり、その要素として"4つのP"がある。プロダクト、プライス、プレイス(ディストリビューション)、プロモーション(コミュニケーション)。特に文化マーケティングにおいて重要なことは、チームがミッションとゴールを明確にして全体で共有し、4つのPを相互作用させることである。

いずれにせよ、ずっと変わらないものなんてほとんど存在せず、ひとは様々な変化に対応して生きていかなければならない。そのような思いを新たにしたハーフハーフの日でもあった。

わたくしも意外といろんなことをいっぺんに考えながら暮らしているのです。
36歳で天に召されたヴンダリッヒの歌の輝きは永遠だけれど。

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、Daichiが2015年3月22日 07:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お甲斐りなさい。」です。

次のブログ記事は「Daichiをいまここで観る/聴く。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。