世界のなんとかからの最近のブログ記事

世界の車内から。

Red5Mar.jpg

ウィーンから特急で2時間弱のリンツで日帰りリハ。


週末にコンサートしにアイルランドのダブリンにいくんだけど、


現地の日本大使も聴いてくださるとのことで、


日本大使館の方から「お気をつけてご来愛ください」とのお言葉でした。


そうか、アイルランドは愛なんだな。


愛知や愛媛も愛かな。


ずっと共演したかったすげー歌手
とはじめて一緒に歌えるのがうれしい。


録音やらで身体はすごく疲れていたけど、


いいリハができて元気になった。


正しく歌うことは健康につながっている。


Mari5Mar.jpg

すげー歌手、森谷真理様。


リハおえて帰りの電車でたまたますわった席はこんなだった。


Zassi3Mar.jpg

期せずして話題の芥川賞受賞作品が読めたよ。


オーストリア国鉄車内で。


誰かミュンヘンから乗ってザルツブルクあたりでおりた、


最近こっちにきた日本人がおいていったんでしょう。


で、終点のブダペストまでこのまま乗っていくんでしょう。


ドラマだ。

世界のトイレから。

きょうは、かごしまのトイレから。

24.12.11.men.jpg

 

まさに殿方。

 

 

24.12.11.women.jpg

 

まさに姫君。

 

22.12.11.wc.jpg

 

ストレートなネーミングである。

 

きょうも声かれるまでうたい、頭はパンパンである。

 

正月?そんなものなかった。

 

っていうのがなんかうれしい。

 

みんなが休んでるときにやんなければ、

 

つきぬけられないからね。

 

っていう考え方は、

 

たぶんヨーロッパのひとはあんまりしないけど。

 

働くときは働き、遊ぶ時は遊ぶ、休む時は休む、が下手な、

 

なかなか損な性格なのですよ。

 

最近夢でもコンサートしてるからね。

 

練習してない曲を急に本番でやらないといけない悪夢とかね。

 

これ以上の悪夢はない。

世界の車窓から。

28.11.11.res1.jpg

28.11.11.res2.jpg

 

オーストリアとドイツをむすぶ列車の食堂車から。

 

ローマからウィーンにもどってすぐ、こんどはドイツに行っていました。

 

歌手名物・オーディションの旅。

 

種まきの旅。

 

28.11.11.rgb1.jpg

 

朝、ウィーンから列車で4時間、ドイツのレーゲンスブルク。

 

昼着いて、そのままうたって、夜はこの街で寝る

 

29.11.11.rgbeki.jpg

 

朝のレーゲンスブルク駅。4時間かけてシュトゥットガルト。

 

30.11.11.st1.jpg

 

シュトゥットガルトのクリスマスマーケット。

 

街それぞれの規模、特色がある。たぶん。

 

残念だったけど今回は目もくれず、

 

雰囲気だけ感じてほとんど通りすぎただけ。

 

30.11.11.steki.jpg

 

シュトゥットガルト駅。

 

うたって、そのあと寝て、翌朝2時間半くらいのダルムシュタットへ。

 

着いて、会場の下見して、寝て、朝うたう。

 

30.11.11.drmiu.jpg

 

ダルムシュタットのクリスマスマーケット。

 

犬VSサンタ。

 

30.11.11.drmeki.jpg

 

ダルムシュタット駅。2時間半くらいのケルンへ。

 

01.12.11.kolneki.jpg

 

モダンな駅のすぐそばにケルン大聖堂があります。

 

ダルムシュタットでうたったあと、夕方着いて、その夜にうたう。そしてねる。

 

いわゆるダブルヘッダー。

 

02.12.11.kolneki2.jpg

 

翌朝。ケルン駅。

 

ここからもうオーディションの予定が入らなかったので、

 

8時間半かけて列車でウィーンにかえることになった。

 

02.12.11.kolndom.jpg

 

朝のケルン大聖堂は、朝も駅のそば。

 

02.12.11.stands.jpg

 

日本では立ち食いそば、ドイツでは立ち食いソーセージ。世界はひとつ。

 

02.12.11.ice.jpg

 

いやー、

 

5日間、4都市、4オーディション、21時間移動。

 

カメラを持っていったけど、

 

駅と電車の写真しかありません。

 

あとはちょっとクリスマス市の写真と、道の写真。

 

移動して、歌って、食べて、寝ただけの旅。

 

この種まきの結果、

 

こんどはもっとゆっくりこの街のどこかに戻ってこられたときに、

 

街の探検はすればいいや。

 

シュトゥットガルトは4年半ぶり、

 

ケルンは5年ぶりに訪れました。

 

縁がある土地にはまた帰ってこられるはず。

 

11月はあちこちでほんとによく歌いました。

 

たくさんのひとにいろんな土地で歌を聴いてもらいました。

 

コンサートもコンクールもオーディションもレコーディングも、

 

ぜんぶが歌手としての血となり肉となっているはず。

 

12月も走りましょう。

 

そしたらあっという間に2012年だなー。

世界のジャパンから。

03.08.11.tea.jpg

 

ヘブライ語のダイエットコーラと、なにジュースかわからないジュースと、緑茶。

 

02.08.11.nori.jpg

 

ヤキノーリーとスシライス。

 

どこにいってもスシは日本食の代名詞。

 

マキが手頃で人気です。

 

ニギーリーは高級。

 

チラシはスシだとあまり思われていないようです。

 

テルアビブのジャパンから。

世界のトイレから。

イスラエルのトイレから。

 

中級編。

 

02.08.11.wc1.jpg

 

02.08.11.wc2.jpg

 

上級編。

 

07.07.11.wc1.jpg

 

07.07.11.wc2.jpg

 

見事に間違えました。

 

トイレいくときって、けっこうあわてているしね。

イスラエルにイルラエル。


イスラエルという国の、テルアビブという街にきて10日がたちました。


オペラのサマープログラムに参加しています。


イスラエル?、危ないのではないか?


と思っていたので覚悟してきましたが、


危ない目にも嫌な目にも、いまのところ遭っていません。


元気です。


暫く更新してないことに触れずにしれっと再開しようと思いましたが、


もしちょくちょく訪れてくださっていた方々がいらっしゃいましたら、


さすがにふじきかつてなく更新していなくてすみません。


5-7月本当にいろいろありまして、人生に没頭しておりました。


イスラエルにきてからも、


なかなかご紹介できない世界のなんとかからをやりたかったんですが、


日々に没頭しておりました。


いろいろについては次回の記事で触れたいと思います。


私にとっては、これまでの音楽人生でたぶん一番大切なご報告です。


ヘブライ語のわたし。




14.07.11.daichi.jpg

生命のチカラ。

26.04.11.shiso.jpg

 

最近、しそそだてるんだ。

 

しそそそそそそそだててるんだ。

 

ヨーグルトのカップで。

 

窓辺で。

 

のびろ。

 

にょきにょきのびろ。

 

世界の家窓から。

世界のトイレから。

12.04.11.men.jpg

 

草食男子用。

 

12.04.11.women.jpg

 

草食女子用。

 

12.04.11.mado.jpg

 

世界のそのトイレ窓から。

 

外にいたおじさんと目が合いました。

世界の世田谷から。

09.04.11.setagaya.jpg

 

世田谷公園。

 

09.04.11.setagaya0.jpg

 

ウィーンの。

 

09.04.11.park.jpg

 

内部。

 

世界のジャパンから。

書いてます。

世界の図書館から。


12.02.11.library.jpg

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち世界のなんとかからカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはミヤザキです。

次のカテゴリは修行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。