ミヤザキの最近のブログ記事

学びのパレード。

音楽を続けていてよかったな、と思える機会が最近たくさんあるのです。

1月17日に宮崎で歌いました。「ハーモニーinみやざき」という、主に小・中学生の合唱の祭典の30周年のゲストで20分ほど。出番は最後だったので、前半はしばらく、勝手知ったるアイザックスターンホールの客席で、みんなの演奏を聴いていました。ぼくはこの祭典に中学生のころに合唱部の一員として出演したことがあって、あとで記録誌をいただいたところによると、それは22年前の出来事だったみたいでした。だからステージの上のみんなの顔に、そのころの自分の顔をなんとなく重ねて聴いていました。歌が好きで一生懸命練習して、晴れの大舞台で歌を歌うときのみんなの顔がですね、それはそれはいい顔なのです。歌を好きなことが伝わってくる顔というかね。よかった。

そのあと楽屋で準備をしていると、小学校6年生のときの担任の先生が訪ねてきてくださったのです。当時わたし11歳、先生28歳。ミツユキ先生、全然変わってなかった。まじで。

終演後、こんどは小学校5年生のときの初めての音楽の先生も訪ねてきてくださったのである。キモト先生。まったくそれ以来。小学校は5年生から音楽は専門の先生の授業だったから、人生初めての音楽の先生である。小学校には合唱部があって、同級生で仲良しだったマツシタ君もヒラタ君も楽しそうに歌っていたし、ぼくも本当は誘ってほしかったのである。でも小学生男子、合唱をやりたいなんて自分では言い出せなかったのである。というお話をキモト先生には24年後にいたしました。

中学に入り、野球部で芽が出なかった少年を、野球部と合唱部、掛け持ちでやらないか、とようやく合唱部に誘ってくれたのがマキハラ先生で、そのおかげで胸を張って歌い始めることができた。今回のゲスト出演はもともとマキハラ先生からいただいたお話だったので、もちろんマキハラ先生にも会えて、実に恩師オンパレードだった。

17Jan15makimoto.jpg
左が牧原先生で、右が木許先生。

声楽を習い始めて高校生のコンクールなどに挑戦していたころ、結果がよいと新聞に名前が載ったりしていたわけですが、ミツユキ先生も、キモト先生も、自分がいまこういうことをやっている、ということを見つけてくれないかなー、とか、正直なところ、ちょっとは思っていたわけです。ネットもない、メールもない時代でした。新聞に名前が出れば、先生たちや、違う学校に行った同級生たちにも見てもらえるんじゃないか、と思っていた。そういうのも頑張りのモチベーションになっていた気がする。

それからだいぶ経ったけど、20年以上ぶりにお話をしていたら、先生たちは見ていてくださったようでした。だからよかったなー、と。ずっと続けていたから会えたなー、とそう思ったわけです。

合唱界のレジェンド、宮崎学園高校の有川サチ子先生とは初めて少しだけゆっくりお話ができたわけです。NHKの合唱コンクールでね、わたしは25回、NHKホールで指揮をしてるのよー、と。有川先生は特別いろいろとはおっしゃらなかったけれど、短い時間での対話にも多くの学びがありました。

いつも思うのだけれど、何事も続けること、持続させることが一番難しい。花火を一発上げることは努力と運とタイミングが重なればできるかもしれない。難しいのは続けることなのだ。


17Jan15arikawa.jpg
もうひとつ嬉しかったのは、わたくしとピアノで共演をしてくださったトリハラ先生が、自分の学校の子たちにも聴かせたい、と言ってくださって、学校の芸術鑑賞会に呼んでいただけそうなことだ。

常々、音楽という人類共通の言語を通じて、その場限りでなく、その先に長くつながる人間的な仕事がしたいと思っている。初めて自分の歌を聴いて、あるいは自分と共演をして、また聴きたい、また一緒に音楽がしたいと思ってもらえたなら、時間と精神力を注いできたことが報われたな、と思えるし、いつもそういう仕事をしないといけないと思っているのである。だから、よかった。

17Jan15teachers.jpg
お世話になった先生方と。ありがとうございました。
19Mar13gt.jpg

19Mar13reh.jpg
19Mar13bitte.jpg

宮崎市大塚のカフェ・ビッテの素敵な空間を、


ドイツに長くいらしたご主人のご厚意でお借りしての終日リハーサル。


やはりいつものすばらしいチームで、アットホームな大作戦!。


今年のテーマは「わ」です。


音楽とみんなのまわりに、輪、和、笑。


さぁ、わくわくしよう。


宮崎公演は6月30日、日曜日の午後です。


ぜひご予定ください。


あしたは宮崎県の南のほうに向かいます。


おやすみ世界。


【おわびと訂正】

MRT宮崎放送、わけもんGTでの大作戦!の放送日は4月3日でした。

さくら。


16Mar13sakura.jpg

庭の桜が咲きました。


一年に一度、桜に春を感じ、愛でることができたとき、


日本人のよろこびを感じることができる。


ご飯に納豆でも日本人のよろこびを感じるけどね。


すっげーあったかい宮崎にいます。


いよいよ、「みんなに音楽♪大作戦!2013」が始まります。


3月は地域の方々のための出前コンサート(キャラバン)だけなので、


事前にたくさんの情報が出せないのですが、


その模様は4月3日(3/19訂正)よる8時からのMRT宮崎放送、


わけもん!GTで紹介していただけることになっています。


キャラバンコンサートには、


大萩康司、上野芽実(ギター)、フジキの3人でおじゃまします。


2本のギターと一緒に歌うのがたのしみ。


いつものメンバー+ニューフェイスでのコラボレーションもたのしみ。


珍道中ときどきレポートできるとおもいます。


カミング・スーン。

大作戦!からもう1年。

9Feb13dinner.jpg


1年前なにしてたかなー、とふと思って調べてみたらコレでした。


宮崎での「みんなに音楽♪大作戦!」公演前夜の恒例・岩切さん宅ディナー。


去年のキャラバンコンサートでは、島浦と日之影に行ったんでした。




ぼくのカウンターテナーとしての(再)デビュー、


日本で最初の出演となる大事なコンサートでした。


うわー1年はえー。


「大作戦!」は今年もやりますよ!


カミングスーン。


昨年のプロジェクトのサイト。




ちなみにいま書き物しながらおはぎのCD聴いてました。


運命だねー。


はやくいつもの大作戦チームのみんなに会いたいなー。


オマケ。


8Feb12holy.jpg

あー元気でた。


でもたのむ、夢にはでてこなくていいです。

よか天気。

マイナス7度だったり、プラス17度だったりの最近であります。


地球変!


厳しい天候のあとの晴天は気分も晴れるね。


宮崎にいつもの青空と晴れやかな気持ちが戻ることを


すごく遠くから、心から祈っています。


07.02.11.sky.jpg

川南は元気だ。

22.12.10.dogu.jpg

22.12.10.senro.jpg

22.12.10.hayashi.jpg

22.12.10.umi.jpg

 

ホテルから東にまっすぐ、線路をこえ、林を抜け、1時間歩くと海に出た。

 

海辺のレストランでひるごはんを食べた。

 

夜になって、ホールにリハーサルにでかけた。

 

22.12.10.mozart.jpg

22.12.10.reh.jpg

 

1年ぶりに会う、川南の方々を中心とした合唱団のみなさん。

 

「きのうのコンサートよかった」「ひさしぶり」「がんばってますね」と言ってもらえた。

 

彼ら自身は、苦しかった、つらかった、とは一言もいわずに、笑顔で歌いあげた。

 

外から来たぼくたちは、ともにつくる音楽で呼応すべきだと思った。

 

もう言葉はいらない。音楽だ。

 

川南は元気だ。

 

22.12.10.arigato.jpg

 

「We love かわみなみ」「みなさんありがとう」のヒカリ。

 

22.12.10.yokoso.jpg

 

ちょうど一年前の音楽祭終了後のみんなの笑顔とピース。

 

22.12.10.peace.jpg

 

1年まえの自分にがっかりだ・・・。

 

ようこそ、復興への願いをこめ込めて川南の大地から。

 

あす、川南の2010年のフィナーレ。

カワミナミのヒカリ。

宮崎県川南町はクリスマスイルミネーションで有名で、

 

個人のお宅でも自前で装飾して、またカフェや駐車場を併設したりて、

 

ヒカリを求めて訪れるひとを楽しませてくださっている方々がいらっしゃるのです。

 

20.12.10.chuui.jpg

 

20.12.10.ouchi.jpg

 

ホスピタリティの町、川南合衆国。

 

川南町に入ってリハーサルのあとに、モーツァルト音楽祭実行委員会の方々が、

 

てづくりの料理や、川南漁港でとれたてのサワラの刺身や、

 

カキやサザエをその場でグリルして、もてなしてくださったあと、

 

イルミネーションで有名なお宅に連れて行ってくださった。

 

すごくつらいことがあったあとにも、ゲストをあたたかく迎えてくださる心。

 

こういう夢のあたえかたもあるんだ。

 

夢をいただきました。

宮崎なう。

急に寒くなった東京に比べて、さすが宮崎、日中はだいぶあったかい気がします。

 

↓ちなみに。

 

17.12.10.wien.png

 

ウィーンのみんなは、雪だ結露だマイナス11度だと大騒ぎしています。

 

うどんやでミヤニチを読みました。

 

家元でっかく発見。

 

18.12.10.iemoto.jpg

 

凛々しいなぁ、さすがだなぁ、と思っていたら、

 

同じ面のその下に、ちっこく自分の名前も発見。ありがたやー。

 

18.12.10.mozert.jpg

 

川南町モーツァルト音楽祭、宮崎公演は21日19:00、川南公演は23日13:30です。

 

お問い合わせは↑

 

音楽で川南に元気を!

 

あしたもあったかいといいなー。

みやこんじょはよか天気。

世界のホテル窓から。

 

撮影、堀口くん。(同じ部屋ではありません)

  26.11.10.sun.jpg

 

また今夜!

じゃがじゃがまこっち。

13.11.10.sonomamma.jpg

 

えれこっちゃ。

 

宮崎のうたを集めたCD。西村楽器で発見。

 

うたっちゃう。

*『藤木大地』オフィシャルHP

*トップページ

profilephoto


カウンターテナー歌手。
2012年、日本音楽コンクール第1位。カウンターテナーとして史上初の優勝者となり、大きな話題となった。13年にボローニャ歌劇場にデビュー。14年、15年には N H K ニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演し、さらにはウィーン国立歌劇場と14/15シーズンの客演契約を結ぶなど、国際的な活動を展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所修了。新国立劇場にテノールとしてデビュー後、ボローニャ、ウィーンに留学。11年にカウンターテナーに転向。12年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール世界大会にてハンス・ガボア賞を受賞。宮崎市出身。ウィーン在住。
所属事務所による公式プロフィールはコチラ


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちミヤザキカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはフレンズです。

次のカテゴリは世界のなんとかからです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。